働かなくても生きていける世の中になったとしら、どのように生きていたいのか

働かなくても生きていけるようになったら、とても素敵ですよね!

そんな夢物語を叶えてくれる可能性がある「ベーシックインカム(BI)」という制度をご存じだろうか。

この制度は、簡単に言うと「働かなくても生活に必要最低限の現金が支給される」というもので、既にいくつかの国で試験的に導入されているようです。

BIによって働く必要のないパラダイスが実現すれば、自分の好きなことだけをして生きていくことが今よりグンと楽になることでしょう。

逆に言えば「生活のため」という大義名分を失い、自分のやりたいことから目を背けることが出来なくなってきます。

自分のやりたいことって、一体なんなのだろうか?

自分はどんなことをして生きていたいのだろうか?

日本にBIが導入されるのか定かではありませんが、これを機に「働かなくても生きていけるとしたらどのように生きていくか」を考えてみることにしました。

スポンサーリンク

自分の好きなことを認識する

「どう時間を過ごしていたいか」を知るには、自分の好きなことは何かを認識する必要があります。

そこでまずは自分の好きなことは何かを考えてみました。

ここで言う「好き」とは、「誰に言われるでもなく、お金が手に入るなどの利益もないのに勝手にやってしまう、またはやりたいと思うこと」とします。

あくまで好きなことは何かなので、出来るか出来ないかは気にしない方向でいくのじゃよ。

 

そんでこの基準で考えますと、

  • 占いの勉強と実践
  • 音楽を聴く
  • 好きな歌を歌う
  • アイドルの振りを真似して踊る
  • 楽器を演奏する
  • 好きなキャラや人物の絵を描く
  • 本を読む
  • ゲームをする
  • おいしいものを食べる
  • 面白い人物について知る(実在する人物でも架空の人物でも構わない)
  • 色んな習い事をする
  • ものまねの練習をする

などが好きと言えます。

 

わざわざ基準なんて設けなくても人から「どんなこと好きー?」と聞かれたら、上記の内のどれかをその場に応じて答えるだろうから、やっぱ好きなんだろうなぁ。

やること自体が報酬と言いますか、お金を払ってでもやりたいと思いますもの。

それにしても大体は家の中にいるのだろうなと容易に予想できるものばっかですね。

流石だぜ、出不精ゥ~!

好きなことをベースに理想の生活を考えてみる

先程挙げたものを大雑把にまとめると、「興味のある事柄について勉強・練習し、技術を向上させていくこと」が大好きで、ずっと取り組んでいたいと思うようです。

とにかく「レベルアップしてる感」を味わわせてあげれば私は大いに満足するのでしょう。

 

あとは何かに興味が湧いた瞬間に、その対象に触れさせてあげると喜びそう。好奇心旺盛だけどすぐにあっちこっち意識が飛んで行っちゃうので、興味がピークの時に即刻動けると楽しさを100%感じられるかもしれない。

つまり理想の生活を送るには、勉強と練習がやりやすい環境を整えてあげる、いつでも機会を手に入れるための資金を持っておく、そして何よりそれらを実行できるよう元気と健康を維持する必要があるのかな。

 

具体的に言うと、

  • 読みたい本が揃っていて、好きなCDやDVDも揃っていて、ゲームも揃っている部屋がある
  • 思う存分体を動かせて、大きな音を出してもいい部屋もある
  • ふら~っと面白そうな場所に出向けたり、気になっている習い事をいつでも始められる心身と経済力がある

こんな感じか?

 

うんうん。確かにこりゃあ魅力的だ。私好みの仕上がりである。

こんな生活を思い描くと、「そうそう!それが欲しい!そんな生活していたい!」となります。

あとは家の中全体が静かで、清潔でほんのりいい匂いがして、布団や身に着ける服の触り心地が気持ち良ければ言うことなしです。

 

1人で好きなことに没頭し続けてもいいし、気のあう友人を家に招いて遊ぶのもいいし、ペットを飼って一緒にのんびり過ごすのも楽しいかもしれません。

晴れの日に外で昼寝をしたり、土いじりするのも楽しそうだなぁ~。

考えてるだけで気分が上がってきて、どんどん脱線していってしまいます。

理想の生活について想像を巡らせるのは楽しいものですね。

やっぱりBIは導入してほしい

色々考えてみた結果、実のところ「もう既に今の自分に可能な範囲で理想の生活を送ろうとしているのではないか」と気が付きました。

ここ1~2年働きもせずにゲームをしたり、歌ったり踊ったりして過ごしていますから。

でも現状が理想の生活だとは到底思えない。それは一体なぜなのか?

おそらく、常に経済的不安が付き纏っている状態だからでしょう。

これにより、好きなことをやっていても頭のどこかで「おいおい、そんなんでこれから大丈夫かよ。ちゃんと生きていけるか?」と自分を不安な気持ちにさせる思考が生まれてしまっています。

BIにより絶対に食いっぱぐれがない状況になれば、この不安の大部分が解消されて一気に理想の生活に近い日々を過ごせるようになりそうですね。

やっぱり私にはBIの制度があると心強く、導入してほしいと願うばかりです。

現状でも取り組めそうなこと

BIが導入された後どのように生きていたいか分かったものの、BIがない現状で少しでも理想通りの生活を送るにはどうすればよいかも考えることにしました。

好きなことは自覚済みだからそこは問題ない、そしてお金がそこまでかからないものは既にやっているものも多数ある。

となると、やはりネックは経済力です。

 
びすけTYPE-A

もう働けばいいんじゃないの。

びすけTYPE-B

いや~、それは出来ない相談っすね~。

 

とっとと働いてしまうのが一番手っ取り早い解決法だと分かっちゃいるのだけどね、脳みそが完全に「働きたくないでござる!」の一色になっていまして、どうにかして働くことなく金銭を得たいのです。

今は地道にブログを続けていくのが最善かなぁと感じております。

BIが導入されたとしても生活費が保障されるだけであって、趣味にかけるお金は自分で調達する必要がありますからね。

どちらにしてもこのブログは大切に育てていきたいな~。

最近は更新頻度がかなり遅めなので、まずはその辺りをもう少し改善していこうかしら。

考えたことを書き出すのは大事だね

この手のことは定期的に考えたりするのですけど、ここまでハッキリと自分の考えていたことを言語化して自覚できたのは初めてでした。

頭の中だけで考えているとどうしても思考が堂々巡りになって進展が遅くなるので、面倒くさがらずに時々はこうして書き出してみた方がいいですね。

思考に区切りがついて、スッキリします。

 
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA