【ストレングスファインダー】34資質の全てを診断するメリット・デメリット

ブログにて何度か紹介をしている「ストレングスファインダー」。

これ、上位5つの資質を知るだけでもとっても役に立ちます。

役に立つのですが、大抵の人は上位資質って5つだけじゃないんですよね。人によりけりだろうけど、他にもいくつか強く働いている資質があるものなのですよ。

大体は上から10番目までの資質は本人の中に根付いているらしく、診断のタイミングによって特によく使っている資質が5つピックアップされるだけなんだとか。

だから実際は立派な「強み」であっても、普通の診断じゃ気付けないなんてこともあり得るのです。もったいないよね。

せっかく他にも強みがあるってんなら活かしていきたいじゃないの!

というわけで、今回は「ストレングスファインダーで全資質出してみたら実際のとこどんなもんなのよ?」ってことを記事にしていきたいと思いまーす。

スポンサーリンク

まずは全34資質の出し方

ほとんどの方は、初めは上位5つの資質だけを診断していることでしょう。このような場合、最初に診断した時のアドレスからギャラップ社の「ストレングスセンター」というところにログインしてみてください。

ログインしたら自動的にダッシュボード画面になるはず。ダッシュボードには自分の資質の順位画面と一緒にアップグレードの案内があるので、あとは指示に従ってればOKですよ~。

ストレングスファインダー受けたことないけど興味があるって方も、まずはストレングスセンターにアクセスです。

無事にアクセスできたら最初はトップページの「StrengthsFinderテスト付き電子書籍」ってところを探してみてください。超目立つからすぐに見つかります。

そこに「詳細」「購入」というボタンがあるので、お好きな方を選んで「全34の強みを見つける」と書いているところから購入の手続きをすれば診断開始できるよ!意外とテスト前に入力する項目が多いから時間に余裕を持って診断しようね!

ここまで書いておいてアレなんですが、初っ端から全資質を出すことは止めておいた方がいいと思います。情報量多すぎるし、興味本位で買うにはちょっと値段がね、高すぎるのよ。

まずは2000円弱で受けられるTOP5の診断から始めることを強くおすすめします。

自分だけの「強み」を知る方法

2017.05.28

全資質を出すメリット

より多くの「強み」が分かる

冒頭でも書いた通り、大抵の人は上位5つの資質だけでなく10番目くらいの資質までは「強み」とカウントすることができます。

だから全資質を出すとTOP5の診断では見逃していた自身の新たな強みを発見できちゃうのだ!

これが結構予想外の資質がランクインしてることもあって、自分の意外な一面や無自覚の癖を知れて面白いんですよ。

強みの掛け合わせ効果まで考え出したら自分の中にある新たな強みのパターンを見出せるだろうし、かなり有益なんじゃないだろうか。

致命的な「弱み」もハッキリと分かる

順位の高い資質は本人が意識をしていなくても自然と発揮されるものですが、下位の資質は逆に意識していても発揮しにくい・そもそも意識することが難しかったりストレスになるものです。

こうして「弱み」を自覚できれば不得意なことに対して諦めがつくというか、「こんなこともできないなんて自分はダメだ…。」と無駄に落ち込まずに済みます。

ボトム5とかなんて最早ギャグレベルでその資質の要素が自分に無いのですよ。自然とわらけてくるので一見の価値ありです。

自分の得意な活動方法が分かる

ストレングスファインダーの資質は、「人間関係構築力」「影響力」「実行力」「戦略的思考力」の4つに分類されています。

全資質の順位を出すと、ざっと見た感じ影響力の資質は軒並み上の方にあるだとか、実行力の資質が下位にばかり集中しているだとか、4分類ごとの偏りが視覚的にかなり分かりやすくなるんですよ。

これによって、自分の資質を発揮する方向性が定まってきます。

例えば「全体的に実行力と人間関係構築力が上位に多く、戦略的思考力は上位にない」場合などは、

 

様々な可能性をじっくりと考慮する(戦略的思考力)よりも、現時点で必要だと感じたことをテキパキと行い(実行力)グループをまとめて人と助け合いながら事を進めていく(人間関係構築力)ように意識した方が資質が活きる」

 

という風に、ザックリとではあるけど色んな場面で応用できる活動方法・行動パターンを編み出すこともできちゃうのです。

全資質を出すデメリット

値段が高い

値段が高い。とにかく高い。

確か1万円弱だったかな~。ほんと高いっすよね。値段以上の価値がある情報だとは思うのですけれど、ポンと出すには抵抗がある金額。

こういった診断系が好きな人じゃないと中々診断に踏み込めないんじゃないかな。

値段が高いと言いながらも、面白すぎて実は2回も全ての資質を出しています。

ストレングスファインダーで全資質を2回出してみて発見したこと

2017.08.10
補足
2018年5月21日にギャラップ社が大幅な価格値下げを行い、現在では6000円弱で診断を受けられるようになったそうです!

資質の読み込みをしないと物足りなくなりがち

これは強いて言うなら、ってレベルです。

そもそもデータを読み込んでいくのが好きな人じゃないと全資質を出そうとはあまり思わなさそうなのでデメリットなのかは微妙ですが…。

「え~、この資質あるの意外~。あんま当てはまってな~い。」で終わるタイプは要注意。

最上志向or回復志向持ちはちょっと例外

基本的には1度ならば診断を受けてみるといいと思っているし、高いこと以外は左程デメリットがないと感じています。

しかしながら最上志向or回復志向持ちに関しては、全資質を出すときに気をつけた方がよさそうなポイントがありました。

最上志向持ちさん達の注意点

最上志向は「得意なことをもっと得意にしたい、苦手なことはやりたくない(他の得意な人がやればいい)」という性質です。

自身の超得意ゾーンであるTOP5の資質をトコトン磨くのが向いているし、本人もそれが楽しく感じるでしょう。

全資質の順位を出しても結局は普通の診断に出てくるTOP5の情報だけで十分だったと感じる可能性が他の資質と比べると高めだと思います。

最上志向持ちさんは全資質の診断を受けるよりも、TOP5の活かし方についてプロの意見を聞く方が得るものが多いんじゃないかな~。

「人に頼った方がいい分野をハッキリさせたい」とか、下位資質を知る目的が明確にあるのならば全く心配ないけどね。

回復志向持ちさん達の注意点

回復志向は「足りないものがすぐ分かり、それを補いたくなる(問題を放っておけない、解決したがる)」という性質です。

もうお分かりだろうか。

そう、回復志向持ちはうっかりすると下位の資質ばかりが気になって「自分の才能を伸ばす」というコンセプトの真逆を行ってしまいがち。

苦手そのものを無くすのではなく「苦手分野に関してどの得意分野を使えばうまく対応できるか」という発想になるまでは全資質を出すのはお預けしといた方が無難です。

自分の資質をフル活用したいなら一度診断してみよう

34資質の順位を全て出すと、やはりより深く自分のことが分かるようになります。

自分の持っている資質を余すことなく発揮したいのならば、診断を受けて損はないと思いますよ~。

TOP5の診断結果を活かせるようになってきたら、全34資質の診断結果も上手く使いこなせるのではないでしょうか。

上位資質を深く掘り下げたい時は、インサイトガイドが役に立ちますよ。

知ってると得するストレングスファインダーの「インサイトガイド」

2017.06.19

値段が値段なんで「絶対受けるべき!」とは言えませんが、ストレングスファインダーに絶賛ハマり中の方にはかなりオススメできます!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA