異様にだるくなる時に共通していた4つの行動

特別体を動かしたわけではないのに、異様にだる~くなる時ってありますよね。

丸一日ダラダラしていたら回復することが多いですが、ずっとグータラしてると「時間めちゃくちゃ無駄にしてるなぁ」と罪悪感がわくことも…。

ここのところ気力が枯渇気味でブログの更新にかなり影響が出てきています。

これは真剣に対策を講じなきゃならん問題だと思い、だるだるモードに入る前に共通する行動パターンを探してみました。

今回書いているのはあくまで私がだるくなる時のパターンなので、だるだるスイッチの一例として見ていただければ。

スポンサーリンク

私がだるくてしょうがなくなる時に見られがちな4つの行動

その1.頻繁に人と会っている

王道パターンっすね。同じような方がたくさんいそうな予感。

私の場合だと月に2回以上がっつり人と会うことになると結構ヤバいです。後日寝込んじゃう。

月1と言わず半年に1回とかでも、定期的に人と会うと無性に「ウガーーーーーッ!!!!」ってなる時があるんです。無気力と破壊衝動が同時に襲い掛かってくる感じ。

期間が空いていると流石に寝込みはしませんが、疲れやストレスはやっぱりあるみたい。

会っているのは基本的に付き合いが長くて気の合う友人なのですが、それでもダメなんですよね。その場ではとても楽しく過ごせても、家に帰ると死んだように眠ってしまいます。

だけど会っている最中は本当に楽しいので、誘ってもらえると懲りずに快諾しちゃうんですよ。んで、翌日ダウンする。「人と会っていて楽しく感じられる=元気になる!」とはいかないのですね。

自分は人と会うとどんな心境であれ必ず消耗する人間だということをハッキリ自覚しておかないとなりませんな。

なるべく2~3ヶ月に1度くらいに抑えたり、よく会うならば1回1回の時間を短くするなどの工夫が必要そうです。

その2.不慣れなことをたくさんする

これも王道ですかね~。

新しく何かを始めるのは好きだとは思うんですが、すぐに疲れてしまうんですよね。このブログを始めるときもワードプレスをインストールするだけでグッタリしてしまいましたから。

考えていることを人に向けて外に出すことも不慣れなので、未だに記事を書くのに2時間程かかりますし、肩が凝ることが多いです。

それでもやはり新しいことをやるのが好きなためか、熱中して作業に取り組んで次の日には一日中お布団の上…なんてことも。

多分、疲れに反応するのが遅いか、分かっていても止めるのが苦手かなんでしょうね。

エネルギーのコントロールが下手なのかな~。

ブログと並行して投資も開始したので、ちょっと短期間にあれもこれもと手を広げ過ぎちゃって、その反動で最近だるだるなのかも。

このパターンも人と会う時と同じように、ペース配分を考えると解決しそうです。

比較的大きめの挑戦はガツガツやらずに、細かーく分けてゆっくりと取り組むとそこまで消耗せずに済むかもしれません。

その3.家の中を散らかしっぱなしにしている

家の中が散らかっていると、ふとした瞬間にめちゃくちゃイライラしてしまうんですよね。

一度イライラしだすと酷い時は次の日まで気分を引き摺ってしまうので、基本的にはイライラに気付いたらちゃっちゃか片付けるようにはしています。

ただ先程書いた「人と会う、不慣れなことをする」ってことがあると、片付けに手が回らなくなってしまって。そこからストレス値が加速する感じで一気にダメージがきます。

これは日頃からもっと掃除を徹底して、乱雑さが無くなるようにしていけばいいかな。

その4.遅すぎる就寝

遅すぎるってのは朝方の4時以降に眠る場合のことを指しています。

動画を見ていたりするとついつい日が出るまで起きてしまうことが多くて、そんな日は半日以上眠っても体がだるくて中々起き上がれません。

これの解決法は単純ですね。もっと早く寝ればいい。

よく10~2時までの間は睡眠のゴールデンタイムだから、この間に眠っておくと体にいいと言うじゃないですか。

実際にゴールデンタイムなんてものが存在するかは知りませんが、確かに10~2時に寝付いて8時間くらい眠ると「よく寝た!」って感覚はあります。

いきなり10時就寝はハードルが高いので、せめて0時には眠る体勢に入ろうかな…。だけど早く眠ろうとするとかなり寝つきが悪くなってしまうので難しいところです。

日中の運動量を増やせば夜に眠くなるでしょうか。ここら辺は色々試してみるしかなさそうですね。

自分の行動パターンを見つけて適切な処置をしましょう!

こうして考えてみると、睡眠以外は精神的なものが疲れの原因になっているように思いました。

自分の異様な体の重みを感じたら、だるくなる前にやっていたことを思い返してみましょう。

パターンを把握できたら後はその行動を控えればいいだけですから、対処もしやすくなるのではないでしょうか。

そう簡単に変えられないという場合も、「何が何だか分からないけど疲れる」という状況よりは理由が分かってる方が気持ち的にラクですしね。

何気ない行動で、自分でも気づかない内に多大なストレスを受けているかもしれません。

妙な疲れを感じることが多い方は、自分の行動パターンを発見してみることをオススメします!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA