自己肯定感を養いたい人に読んでほしい「子どもの心のコーチング」

ここ最近、子持ちの友人と遊ぶことが続いており、幼い子どもと触れ合う機会が多いです。

子どもって不思議なもので、ちょっと会わない間に色んな言葉を覚えていたり、できることが増えていたりで面白いです。

こうして子どもの凄まじい吸収力を目の当たりにすると、親でもないのに自分の言動が今後どういう影響を与えるのか気になってしまいました。

「子ども」「子育て」というテーマに興味を持っていたからか、先日ふらりと立ち寄った図書館で面白そうな本を発見。

その名も「子どもの心のコーチング」(著:菅原裕子)

タイトルから分かるように、この本のメインテーマは「子どもの育て方」に関するものです。

しかしこの本、子育てだけでなく、自分自身の心の在り様についても考えさせられる内容がズラリ。

なんとなく「生きづらさ」を感じている人にオススメです。

とっても興味深い本だったので、自分の考え・感じたことを整理するためにもブログで紹介することにしました~。

スポンサーリンク

あなたは自分のことが好きだと言えますか?

この本の著者は、親の最も重要な使命は「子どもに自己肯定感を与えること」であると述べています。

たしかに、自分のことが好きじゃなきゃ人生やってられないですよね。

「自分のことが好きだ」と心の底から思える人って憧れます。自分が自分であることに喜びを感じられるなんてうらやますぃ~。

このように無条件に自分を愛する力は、幼少期における親との良好なコミュニケーションによって育まれるそうな。

やはり親の影響って絶大なのですね。

もうとっくに幼少期終わってる人間としては、この事実にはしょんぼりしちゃいます。

自分の心の中で新しい親子関係を築いてみよう

もう手遅れだと嘆いていても仕方ないので、今からでも何かできないかと考えてみることにしました。

この本では、子どもの可能性をサポートする方法がたくさん紹介されています。

子どもに自分の意見を押し付けずに話を聞くとか、子どものそのままの気持ちを受け止めるとか。

「自分の親もこうだったらなー」と思いながら読み進めつつ、今に役立てるにはどーしたもんかと考えていたら、ふとひらめいたんです。

これ、自分の「心の中の子ども」を育てるのに応用できるのではないかと。

私たち人間は油断するとすぐに自分を責めてしまうもの。何かミスをすると「こんなことも失敗するなんて私は本当にダメな奴だ」となりがちです。

そんな時、自分を責め立てるのではなく「つらかったね、でもとっても頑張っていたね」とか「次はどうやったら上手くできるか考えてみよう」と寄り添ってくれる存在がいたらどんなに心強いものか。

本書ではこの役割を親が担うものと語っていますが、すべての親がこうした言動をとれるとは限りません。そのような場合、本書の中にある親の役割を自分自身で行っちゃえばいいのではないかと思いまして。

自分の心の中で理想の親をイメージする際に、本書の内容はとても参考になるでしょう。

そのままの自分を受け入れて、より楽しい人生を!

自己肯定感は、生きていく上で欠かせない糧となるものです。

でも、幼い頃の環境が原因でなかなか実感できない人もいることでしょう。

そういった方にはぜひ読んでみてほしいです。読んでいるうちに、むやみに自分が悪い・自分が間違っているといった気持ちが湧いてくるのは、ただの癖であり思い込みかもしれない可能性に気付くことがあると思います。

ずっと心の中にあった癖ですから、そう簡単には変わらないかもしれません。

しかし、すぐに変化が訪れなくても自分を責めないであげてくださいね。根気強く自分を育て続けることで、今まで好きになれなかった自分を受け入れられるかもしれません。

より楽しく、幸せに生きてみたい方にオススメできる本です。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA