「雇用されて働くこと」が大嫌いな理由を考えてみた

皆さんは「働くこと」って好きですか?

より正確に言うと「雇用されて働くこと」って好きですか?

私は大大大だーーーーーっい嫌いでございます!!!

ですが不思議なことに、周りの人々はそこまで働くことに嫌悪感を持っているように見えません。もちろん、「休みたい」「上司がイヤ」とかそういう話は聞きますけどね。

働くことそのものに対する明確な嫌悪感はあまり耳に入ってこないのです。もしかしたら、自分の労働嫌いは人並み以上なのかもしれません。

理由をハッキリさせた方がこれからの為になると思い、これを機に自分の考えを整理してみることにしました。

スポンサーリンク

私が雇用されることが大嫌いな3つの理由

理由1:関わる他人を選べない

私は人の好き嫌いが激しいので、他人のちょっとした言動で「この人嫌だな~」と思いやすいです。

初対面で「どこ住んでるの?」みたいな質問をされる、というような本当にちょっとしたことでヤダヤダセンサーに引っかかります。

我ながら面倒くさい奴だなぁと思いまが、嫌なモンは嫌なのです。

このように小さなことモヤっとした気分になるので、外で他人と関わると大抵ストレスを感じます。

がしかし、働くとなると会社勤めであれ、アルバイトであれ、基本的には他人と関わる必要があることが多いでしょう。この時相手を選ぶことってかなーり難しいですよね。

これが相当キツイ。他人との関わりを自分でコントロールできないのは正直生き地獄です。

理由2:嘘をつかなきゃならん

これは面接の志望理由について話すときに感じますね。

大抵、志望理由を聞かれたら「○○だからここで働きたい」と伝えるじゃないですか。

ここ!ここでもう違う!私は働きたいなんて思っちゃいないんですよ!

だけど「働きたくないっす」と言おうものなら「じゃ、来るなよ」で終わるじゃないですか!

働きたくないけどお金がほしいって白状してもいいのでしょうけど、「わざわざ言う必要あるかぁ?」と感じて言えないのです。

そんで、特に思ってもない志望理由を話しだす…。

この理由に関しては完全に自業自得と言わざるを得ない。

理由3:生きている意味が分からなくなってくる

雇用される立場で生活していこうとすると、一日の大半を決められた通りに動かなきゃならんではないですか。

時間も内容もですよ。超絶イヤですわ。

自分の行動を自分で決められないなんて、人生を投げ出しているのと同じに感じるんですよねぇ。

あと、台風だろうがなんだろうが出勤を要求してくるのって嫌じゃないですか。

一個人として考えたらそんな日はお家でゲームでもしてるのが安定っすよ(TMRごっこ愛好家の方々については考慮しておりません)。

なのに「働くため・生活のためならそれも致し方なし」なんて、個人としての意思をまっっったく尊重されていないようで拒絶反応バリバリになります。

そんな生活を続けていると、いつの間にか働いてお金を稼ぐためだけに生きているように錯覚してきちゃう。自分が精神的に死んでいく感じ。

私はもっと楽しく生きていたいんだYO!

雇用期間中はこーんなことばっかり考えちゃうので、どんどん無気力になって自分の生きている意味が見出せなくなっちゃう。

最終的には「こんなの変だ!」って結論に達して辞めるんですけども。

自分という存在が薄れていく感覚がどうしようもなく嫌なんだよね。

私は働くことが嫌いなわけではない?

こうして嫌いな理由を挙げてみると、私は働くことではなく「自分の思った通りに行動できないこと」が嫌なのかもしれません。

雇用されている立場だと仕事中の決定権は無いに等しいですし、嫌だと感じるのも当然のことでした。

立場が上になってくると話は変わってくるのでしょうが、出世したところで自分より強い決定権を持っている人はいるだろうし、中途半端に責任だけ増えるという印象があるんですよね。

そんな考えだから当然出世欲なんてあるはずもなく…。

どうやら私は、「いつ、何を、どうやって、誰と、どのくらいやるのか」の全てを自分で決めなきゃ気が済まないようです。

そのためには早いとこ自分で稼ぐ力を養わなければなりませんね。

ブログのように、時間が自由で人との関わりも少ないのは理想的かも(Google神の裁量次第で今後変わっていく可能性もあるけど)。

働くことそのものが嫌いなわけでは無さそうと分かったのは良かったです。方法さえ自分で考えていけば何とかなりそうですしね。

労働嫌いの理由を考えていたはずが、思わぬ希望に繋がりました。

「働くのキラーイ」という同士諸君よ、一度自分が働くのが嫌いな理由をじっくり考えてみることをオススメする。

今まで気付いていなかった本当の理由が潜んでいるかもしれませんよ。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA