知ってると得するストレングスファインダーの「インサイトガイド」

自分の持っている才能を自覚して、長所を伸ばすことを意識すると人生がグンと楽になります。

しかし才能の自覚はそう簡単なことではありません。

そんな中、現代には科学的に才能を知ることをできる素晴らしいツールが存在しています。

その名もストレングスファインダー!

ストレングスファインダーについてご存じない方は、こちらの記事に目を通していただいた方がいいかも。

自分だけの「強み」を知る方法

2017.05.28

今回は、より詳細な強み分析を可能とする「強みのインサイトガイド」についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

インサイトガイドでは自分の「より卓越した点」を教えてくれる

ストレングスファインダーの診断では、34資質のうち自分がどの資質を持っているのか診断してくれますよね。

そこで診断結果として出た資質の特徴は、資質レポートというもので知ることができます。

インサイトガイドでは、この資質レポートには書かれていない「あなた独自の卓越した点」についての記述があるのです!

 

例えば収集心ですと、通常の説明はこんな感じ。

あなたは知りたがり屋です。あなたは物を収集します。あなたが収集するのは情報――言葉、事実、書籍、引用文――かもしれません。あるいは形のあるもの、例えば切手、野球カード、ぬいぐるみ、包装紙などかもしれません。集めるものが何であれ、あなたはそれに興味を惹かれるから集めるのです。

(中略)

あらゆる利用の可能性を考えているあなたは、モノを捨てることに不安を感じます。あなたは物や情報を手に入れ、集め、整理して、保管し続けます。それが面白いのです。それがあなたの心を常に生き生きとさせるのです。そしておそらくある日、その中に役に立つものが出てくることでしょう。

 

これがインサイトガイドでは、画像のようになります!

null

「収集心-回復志向-個別化-内省-慎重さ」の文章パターン

 

より個人特有の強みに焦点が当たった文章になっていますよね。

同じ収集心という資質でも他の資質との組み合わせで文章が変わるそう。

どのように文章が変わるのか気になって、もう一回診断した時のアカウントからもインサイトガイドを引っ張ってきました。

 

その画像がこちら。

null

「着想-個別化-学習欲-収集心-内省」の文章パターン

 

果たしてどれだけの人がちゃんと読んでくれたのかは分からないけど、見比べてみると結構違うことが書かれています。

上位資質5つの組み合わせで記述が変わるのか、34資質を総合した結果なのか、順位が入れ替わるだけでも違いがあるのかは定かではありません。個人的にはこの辺りの内部設定をもうちょい知りたいところ。(知ってる人いたら教えてくれ)

ついでに言うと1つ目の画像にある「あなたはテーマに深く入り込むのが普通~哲学を生み出す傾向」のくだりが何故か2度目の診断時の内省の説明に書いてあったことも謎で理由が知りたい。

 

話が逸れてしまいましたが、インサイトガイドは「自分の強み指南書」として大変優秀です。

自分ならではの強みを知りたいのならこれを使わない手はないですよ~。

インサイトガイドはどこで見られるのか

まず、ギャラップ社のストレングスセンターというサイトからサインインする必要があります。

「ストレングスセンター」と検索すると一発で出てきます。

Gallup認定ストレングスコーチ – Gallup Strengths Centerってとこですね。

サインインの際には診断時に使用したメールアドレスとパスワードを入力しなきゃならんので、診断後もデータは大切に保管しておきましょ~。

サインインをすると自動的にダッシュボードのページに飛びます。そこのページ右側にある「レポートとツール」という所にインサイトガイドもありますよ!

英語表記のままだとインサイトガイドも全部英語になっちゃうので、日本語表記に設定するのもお忘れなく。

せっかくお金かけて診断したのだからトコトン使い倒してしまおう!

本のコードを使ってただ診断を受けるだけではダッシュボード画面に行けないので、インサイトガイドの存在を知らずにいた方も多かったのではないでしょうか。

ダッシュボードでは、今回紹介したインサイトガイド以外にも面白い情報が盛りだくさんですよ~。

1つ1つの資質について上位にある場合と下位にある場合のアドバイスとか、資質をより強化して役立てるための行動アイデアとか!

下位資質のカバー例があるってのが回復志向持ちとしては超・超ありがたくてテンションが上がります。

色んな情報が詰まっているので、ぜひご自身のアカウントで一通り目を通してみてください。

きっとストレングスファインダーをより有効に活用できることでしょう!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA