「決定版 西洋占星術実修」で遊ぶのが楽しすぎる

今回は占い本の感想を書いているのですが、かなり趣味全開で何を言ってるか大抵の人に伝わらないことでしょう!

占い好き以外は見向きもしないであろうタイトルなので、基本的な説明は一切行われないまま進みますのでご注意ください。

スポンサーリンク

感受点の複合イメージサンプルを求める日々

私は最近ハーフサムを見るのにハマっているんですが、3つの感受点を複合的に考えるのが得意ではなくて、リーディングに苦戦しているんですよ。

エバーチンの本を買おうかとも思いましたが英語はかっらきしダメなので、他にいい本がないかと探していました。

そこで先日ようやく発見したのが「決定版 西洋占星術実修」という本。

 

この本はハーフサムについての解説があるわけではないのですが、「3つの感受点がアスペクトしていることによる作用」が記載されているというのですよ!

私の苦手分野に直撃しているではないか。即行ポチっちゃうで!

待つこと数日、ようやく我が家に到着したのですぐさま開封して読んでみると、本当にたくさんのアスペクト解説がありました。

これは読み応えがありそうだぞ!

早速占ってみたら見事に当たっていた

まずは普通にネイタルのアスペクトだけを見て遊んでみました。

自分のアスペクトを象徴されると思われるワードを抜き出したらどんな人物像になるのか気になったので、ホロのオーブを確認しながらキーワードを書き出す地道な作業を開始。

ザックリまとめた結果、どうやら私は「明るくて生真面目な平和主義者だけど、わがままな上に粘着気質で人の好き嫌いが激しい」人物とのこと。

お~、自覚のある性質がズラリと並んでいる!見事に当たっています。

他にも「心が広い、温厚、優れた感性」とか「無慈悲、デリカシーに欠ける、ストレスによる胃腸障害に注意」なんて記述も。

この胃腸障害ついては水星―冥王星アスペクトの欄にあったものなのですが、これがすごかった。水冥ハード持ちが身近に私含め3人いるのですが、3人とも胃が弱いんですよ!ちょっとビックリしちゃいました。

やっぱ占いは自分で勉強してナンボ

占星術って「自分天才かもしれない」と思わせてくれるような褒め言葉と、「なんでそんなこと言うのさ!」と思うようなボロクソ評価を一気に投げ込んできますよね。

これが結構当たっているもんだから不思議である。

しかしながらこの「なんで当たってるか分かんないけどすげー!どうなってんのか知りたい!」って感覚がたまらなく好きですよね~。

ホロスコープは色んな情報が詰まってて頭の中がゴチャゴチャになることも多いですが、色んな読み方を試してみるのはとっても楽しいです。

ちなみにこの本の技法は、ハウスもサインも全く考慮せずにアスペクトのみでのリーディングするようです。

ここに自分なりにハウス・サインの要素も交えて解釈すると、もっと見えるものが増えるんだろうな~。ハーフサムも加えたらかなりの情報量になりそう。

こりゃあまだまだ遊び足りないぜ!

 

ココナラ占いサービス

null

ココナラで「あなたのホロスコープを解読いたします」という占いサービスを出品しています。

ホロスコープという情報から見て、持ち主がどのような人間かを占います。

ご興味があればぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA